ベトナム国籍の技能実習生 鬼怒川で行方不明 溺れて流されたか

28日午後、茨城県筑西市を流れる川で泳いでいたベトナム国籍の19歳の技能実習生の男性の行方が分からなくなり、警察と消防は男性が溺れて流されたとみて行方を捜しています。

28日午後6時半前、筑西市を流れる鬼怒川で「男性が溺れた」と消防に通報がありました。

警察によりますと、午後6時ごろから、筑西市内のベトナム国籍の19歳の技能実習生の男性が友人5人と川で泳いでいたところ行方不明になったということです。

現場付近の川の幅は20メートルから30メートル、深さはおよそ4メートルから5メートルほどあるということです。

警察と消防は男性が溺れて流されたとみて行方を捜しましたが、28日は見つからず、29日も捜索を行うことにしています。