将棋「王位戦」開幕 初日は豊島九段が攻勢 しのぐ藤井五冠

将棋の八大タイトルの一つ「王位戦」が28日開幕し、タイトル防衛がかかる藤井聡太五冠(19)は、挑戦者の豊島将之九段(32)の攻めを持ち時間を使いながらしのぎ、初日を終えました。

「王位戦」は、藤井五冠に豊島九段が挑む去年と同じ顔合わせで、第1局は愛知県犬山市で始まりました。

対局では、先手の豊島九段が積極的に攻めを仕掛け、藤井五冠が持ち時間を使いながらしのぐ、序盤から激しい攻防を繰り広げる展開となりました。

そして午後6時すぎ、豊島九段が次の1手を紙に書いて立会人に渡す「封じ手」を行って初日の対局が終わりました。
藤井五冠は28日開幕の「王位戦」のほか、「棋聖戦」でもタイトル防衛をかけた対局に臨んでいます。

一方の豊島九段は去年、藤井五冠を相手に「王位」「叡王」「竜王」の3つのタイトル戦で対局し、いずれも敗れています。

藤井五冠が先月の「叡王戦」に続き、タイトルを防衛するのか、豊島九段がタイトルを奪取し、雪辱を果たすのか、2日目の対局は29日午前9時、「封じ手」を開封して再開され、午後に勝敗が決まる見通しです。