東北北部 北海道 あすにかけて非常に激しい雨のおそれ 警戒を

東北北部と北海道では、前線に向かって湿った空気が流れ込んでいる影響で、雨が降り続いています。特に北海道では、29日にかけて非常に激しい雨が降って大雨になる見込みで、土砂災害や川の氾濫、それに低い土地の浸水に警戒してください。

気象庁によりますと、低気圧からのびる前線が北日本に近づき、暖かく湿った空気が高気圧のふちを回るように流れ込んでいる影響で、東北北部や北海道では雨が降り続いています。

東北北部では、28日夜遅くにかけて、1時間に20ミリの強い雨が降る見込みで、北海道では29日にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、日本海側を中心に局地的には1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

29日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽北海道の日本海側と太平洋側で180ミリ、
▽オホーツク海側で120ミリ、
▽東北北部で80ミリと予想されています。

北海道では、その後も雨が降り続き30日夕方までの24時間に、北海道の日本海側と太平洋側で50ミリから100ミリの雨が降り、大雨になるおそれがあります。

気象庁は、大雨による土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。

政府 情報連絡室を設置 情報収集と警戒にあたる

東北で大雨となり、北海道でも29日にかけて大雨になる見込みとなっていることから、政府は、28日午後4時に総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報収集と警戒にあたっています。