「電力需給ひっ迫注意報」東電管内で継続 熱中症警戒し節電を

東京電力の管内では厳しい暑さが続いている影響で28日も電力需給が厳しくなる見通しだとして政府は「電力需給ひっ迫注意報」を継続しています。
熱中症に警戒し、冷房などを適切に使用しながら、できるかぎりの節電を求めています。

関東地方では28日も午前中から気温が上がり、猛烈な暑さとなる見込みで、政府は東京電力の管内で「電力需給ひっ迫注意報」を継続しています。

28日午後3時から午後6時まで、特に午後4時から午後5時の時間帯は電力需給が厳しいとして熱中症に警戒し、冷房などを適切に使用しながら、できるかぎりの節電を求めています。

東京電力によりますと午前中の想定では28日の管内の電力の供給力に対する需要の割合を示す「使用率」のピーク時の見通しは午後4時から午後5時で95%となっています。

ただ、会社の想定より気温が1度上がるだけで150万キロワット程度需要が増えるということで、国や電力会社では引き続き、電力の供給力確保に努めることにしています。

萩生田経済産業相「節電をお願い」

萩生田経済産業大臣は東京電力管内に「電力需給ひっ迫注意報」を出していることについて、28日の閣議のあとの記者会見で「きのうは夕方を中心に節電をお願いし皆様のご協力によって安定供給を確保できたことに感謝申し上げる」と述べました。

そのうえで萩生田大臣は「これだけ暑いのでエアコンはしっかりつかっていただくことそれに冷房の設定温度は28度という目安はあるが、体感温度は人によって違うので自分の体に合った温度でしのいでいただきたい」と述べ、無理のない範囲での節電への協力を呼びかけました。

そして今後の見通しについて、萩生田大臣はこの時期としては歴史的な暑さになっていて電力需要が異例の高水準で推移しているため今週は引き続き電力需給が厳しくなるという見通しを示しました。

そして、電力供給の確保にあたっては「原子力発電所の再稼働は重要だ」として再稼働が円滑に進むように産業界に対し事業者間の連携によって安全審査に的確に対応できるよう働きかける考えを示しました。

山口環境相「健康を最優先に家庭での節電を」

厳しい暑さの中で節電が求められていることについて、山口環境大臣は、28日の閣議のあとの記者会見で「熱中症は命にかかわる問題だ。健康を最優先にして家庭での節電を心がけてもらいたい」と述べました。

そのうえで、クールビズによってエアコンを適切な温度に設定することや、すだれやカーテンを活用して直射日光を遮断すること、家庭のエアコンの電力を節約するため公共施設や商業施設などで過ごす「クールシェア」などの対策を挙げ、熱中症に警戒しつつ節電への協力も呼びかけました。

一方、山口大臣は「根本的にはとにかく地球温暖化対策をやらないといけない。ロシアによるウクライナ侵略などの不安定な情勢もある中だが、全世界で地球温暖化対策を進めていくことが、われわれの根本的な対応だ」と述べました。