東北北部で非常に激しい雨 土砂災害や川の氾濫に警戒

梅雨明けしていない東北には湿った空気が流れ込み、北部では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って大雨になっています。29日にかけて北海道でも大雨になる見込みで、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に警戒してください。

気象庁によりますと低気圧からのびる前線が北日本に近づき、太平洋高気圧から湿った空気が流れ込んでいる影響で、東北の日本海側や北海道には発達した雨雲がかかっています。

午前11時までの1時間には、青森県が深浦町に設置した雨量計で57ミリの非常に激しい雨を観測したほか、午後1時半までの1時間にはレーダーによる解析で、青森県八戸市付近でおよそ30ミリの激しい雨が降ったとみられます。

このあとも、東北北部の日本海側を中心に1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨になるほか、北海道でも29日にかけて1時間に30ミリから40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。

29日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽北海道の日本海側で180ミリ
▽北海道の太平洋側で150ミリ、
▽東北で100ミリと予想されています。

雨は北海道を中心にその後も降り続き、30日昼までの24時間雨量は、北海道の日本海側と太平洋側で50ミリから100ミリと予想され、大雨になるおそれがあります。

気象庁は大雨による土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。