猛烈な暑さ続く 熱中症に警戒を 北日本では大雨に警戒を

高気圧の影響で28日も東日本と西日本の各地で広く晴れ35度以上の猛暑日が予想されています。引き続き、熱中症への警戒が必要です。27日は関東甲信や東海、九州南部で梅雨明けが発表され、40度に迫る猛暑となったところもありましたが、高気圧の影響で28日も東日本と西日本の広い範囲で晴れ、各地で厳しい暑さが見込まれています。

また、東北の日本海側では27日から大雨になっているところがありますが、前線や低気圧が近づく影響で再び激しい雨が降るおそれがあります。29日にかけて北海道でも大雨になる見込みで、土砂災害や川の氾濫などに警戒が必要です。

午前5時の予想で日中の最高気温は
兵庫県豊岡市、鳥取県米子市で37度、
甲府市、前橋市、宇都宮市、福井市、岐阜市、名古屋市、それに鳥取市で36度、
さいたま市、長野市、富山市、奈良市、京都市、松江市で35度、
東京の都心で34度などと予想されています。

気象庁によりますと、太平洋高気圧の張り出しは当面強い見込みで、北日本は30日にかけて東日本と西日本は来月3日にかけて平年より気温が高く、猛暑日となるところがある見込みです。

引き続き熱中症に警戒し、こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、対策をとってください。

毎年、高齢者が冷房を使用せずに熱中症の疑いで亡くなるケースが確認されています。

離れて住む家族の方や周囲の人が声をかけるなど、注意をうながすよう心がけてください。

また、気温の上がった午後は大気の状態が不安定になり局地的に雨雲が発達するおそれがあります。

急な激しい雨や落雷、竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも十分注意が必要です。

東北~北海道では大雨による災害に警戒を

気象庁によりますと、東北北部を中心に27日から断続的に雨が降り山形県新庄市では午前6時までの48時間雨量が199ミリと6月としては最も多くなっています。

これまでの雨で山形県の一部には土砂災害の危険性が高まり、土砂災害警戒情報が発表されています。

日本海から低気圧を伴った前線が近づくため、東北北部を中心に1時間に40ミリの激しい雨が降って日本海側を中心に大雨になるほか、北海道でも29日にかけて1時間に30ミリから40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
29日朝までの24時間に降る雨の量は
北海道の日本海側で180ミリ、太平洋側で150ミリ、
それに東北で100ミリと予想されています。

雨は北海道を中心にその後も降り続き、30日6時までの24時間雨量は
北海道の日本海側と太平洋側で100ミリから150ミリと予想され、
大雨になるおそれがあります。

気象庁は大雨による土砂災害や低い土地の浸水、それに川の氾濫に警戒を呼びかけています。