「電力需給ひっ迫注意報」東京電力管内で28日も継続 政府

東京電力の管内では厳しい暑さが続いている影響で28日も電力需給が厳しくなる見通しだとして政府は「電力需給ひっ迫注意報」を継続します。熱中症に警戒し、冷房などを適切に使用しながら、できるかぎりの節電を求めています。

関東地方では厳しい暑さが続いていることから政府は、東京電力の管内に初めて「電力需給ひっ迫注意報」を発令し、27日には家庭や企業にできるかぎりの節電を呼びかけました。

東京電力によりますと、27日は節電の効果とみられる需要減少やほかの電力会社からの電力融通などによって供給が増え、ひっ迫は回避されました。

関東地方は梅雨明けが発表され、28日も各地で厳しい暑さが見込まれるため、政府は東京電力の管内で「電力需給ひっ迫注意報」を継続します。

午後3時から午後6時まで、特に午後4時から午後5時の時間帯は電力需給が厳しいとして熱中症に警戒し、冷房などを適切に使用しながらできるかぎりの節電を求めています。

厳しい状況を受けて東京電力が出資する火力発電事業者JERAは、今週金曜日の7月1日に運転再開予定だった千葉県の火力発電所を29日に前倒ししますが、28日は間に合いません。

東京電力によりますと、歴史的な暑さが続くなかで、28日も電力需要はこの時期としてはまれな高水準になると見込んでいます。

電力会社の想定より気温が1度上がるだけで150万キロワット程度需要が増えるということで気温の推移をにらみながら厳しい電力需給が続きそうです。

また29日は北海道電力、東北電力、東京電力のそれぞれの管内で電力供給の余力を示す「予備率」が5%を下回る可能性があるとして、電力3社は新たに設けられた「電力需給ひっ迫準備情報」を28日、初めて出しました。

各社は29日に向けて家庭や企業に対して、節電の準備を進めるよう求めています。