USBメモリー一時紛失 業務委託の会社 無許可で別会社に再委託

兵庫県尼崎市のすべての市民の個人情報が入ったUSBメモリーが一時紛失した問題で、市から業務委託を受けていた会社が、許可を得ないまま業務の一部を別の会社に再委託していたことなどがわかりました。
尼崎市は「契約に反する行為だ」として、今後の対応を検討するとしています。

この問題は、尼崎市が給付金に関する業務を委託していたITサービス会社、「BIPROGY」の関係者が、46万人余りのすべての市民の氏名や住所、生年月日などの個人情報が入ったUSBメモリーを一時紛失したものです。

尼崎市などによりますと、この問題で、会社は市の許可を得ないまま業務の一部を関係会社に再委託していたことがわかりました。

契約上、業務を別の企業に委託する場合は市に許可を得る必要があったにもかかわらず、必要な手続きをしていなかったということです。

また、再委託先の関係会社は、さらに別の企業に業務の一部を委託していたということです。

「BIPROGY」は当初、USBメモリーを紛失したのは再委託先の関係会社の社員としていましたが、実際には再々委託先に当たる企業の社員だと訂正しました。

「BIPROGY」は「許可を得るべきところを手続きをしていなかった。事態を重く受け止めている」とコメントしています。

一方、尼崎市は「今回の問題を受けて、初めて再委託の件を知った。契約に反する行為であり、これまでの経緯や今後の対応を新たに設ける第三者委員会で検証、検討し、判断していく」としています。