福山雅治さん 「長崎スタジアムシティ」PRの責任者に就任

長崎市の「長崎スタジアムシティプロジェクト」は、再来年、2024年9月の完成に向けて起工式が行われました。長崎出身の福山雅治さんがプロジェクトをPRする責任者に就任し「長崎の魅力を世界に発信していける場所にしたい」と語りました。

長崎駅の北側にある三菱重工業 幸町工場の跡地、7万5000平方メートルでは、佐世保市に本社がある通信大手の「ジャパネットホールディングス」が、サッカーJ2、V・ファーレン長崎のホームとなるサッカースタジアムを中心に、ホテル、商業施設、それにオフィスを併設した複合型施設「長崎スタジアムシティ」の建設を計画しています。

26日、起工式が行われ、大石知事や長崎市の田上市長も出席しました。

「ジャパネットホールディングス」の高田旭人社長は、再来年9月の完成を目指し、資材の高騰などから総事業費は100億円増えて800億円にのぼることを新たに明らかにしました。

高田社長は「プロジェクトを通じて長崎の交流人口を増やしたい。覚悟をもって頑張りたい」と話していました。
また、プロジェクトをPRする責任者に長崎出身の福山雅治さんが就任したことが発表され、福山さんは長崎市内の観光地、グラバー園からオンラインで出席しました。

福山さんは「長崎の500年以上にわたるすばらしい歴史を一つの魅力として、日本、そして世界に発信していける場所だと思っている。みんなで一緒にやっていきましょう」と語りました。