関東甲信を中心に猛烈な暑さ 40度に迫るところも 熱中症に警戒

気象庁は27日午前「関東甲信、東海、それに九州南部が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。27日も40度に迫る猛烈な暑さになっているところもあり、熱中症に警戒してください。
また東北や新潟県では大雨になっているほか、局地的に激しい雷雨になっているところもあり低い土地の浸水や土砂災害にも警戒が必要です。

猛烈な暑さ 東京の都心も3日連続の猛暑日

気象庁によりますと、午後4時までの最高気温は
▽栃木県佐野市で39.8度
▽群馬県館林市で39.1度に達したほか
▽茨城県古河市で38.9度
▽埼玉県鳩山町で38.7度
▽山梨県大月市で38.5度
▽東京 八王子市で36.9度
▽東京の都心で35.7度
▽名古屋市で35.5度などと
関東甲信を中心に猛烈な暑さとなっています。

東京の都心でも午後2時50分前に35.1度を観測しました。6月に3日連続の猛暑日となるのは初めてです。

また
▽京都市で34.1度
▽大阪市で32.1度などと
東日本と西日本を中心に全国494地点で30度以上となっています。

関東甲信 東海 九州南部が梅雨明け

東日本と西日本ではこの先1週間程度は晴れる日が多くなると予想され、気象庁は27日午前11時「関東甲信、東海、それに九州南部が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

各地の梅雨明けは平年と比べると18日から22日早く、このまま確定すれば関東甲信では過去最も早い梅雨明けとなり、東海と九州南部では過去2番目に早い梅雨明けとなります。

また梅雨の長さも東海が13日間、九州南部で16日間、関東甲信が21日間といずれもこのまま確定すれば過去最も短い梅雨となります。

引き続き熱中症に警戒し
▽こまめに水分を補給する
▽我慢せず冷房を適切に使用する
▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど
対策をとってください。

毎年、高齢者が冷房を使用せずに熱中症の疑いで亡くなるケースが確認されています。屋内では適切に冷房を使用するよう、離れて住む家族の方や周囲の人が声をかけるなど注意をうながすよう心がけてください。

山形で非常に激しい雨

一方、高気圧のへりをまわるように暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、新潟県や東北南部には雨雲がかかり続けているほか、東日本や西日本の各地で大気の状態が不安定になり局地的に雨雲が発達しています。

午後4時までの1時間には
▽山形県新庄市で52ミリの非常に激しい雨が降りました。

山形県新庄市では午後3時40分までの12時間に降った雨の量は147ミリと、1976年に統計を取り始めてから6月としては最も多くなっています。

これまでの雨で山形県と福島県、新潟県、それに宮城県では土砂災害の危険性が高まって土砂災害警戒情報が発表されています。大雨となっている地域では土砂災害や低い土地の浸水に厳重に警戒してください。

また東日本や西日本では局地的に雨雲が発達しています。急な激しい雨のほか落雷、竜巻などの突風、それに「ひょう」にも十分注意が必要です。