大谷翔平 連続試合ヒット 5で止まる チームは逆転勝ち

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がマリナーズ戦に指名打者でフル出場しましたが、ヒットは出ず連続試合ヒットは5で止まりました。

前の試合で特大の16号ホームランを打った大谷選手は、26日、本拠地のエンジェルスタジアムで行われたマリナーズ戦に3番・指名打者で先発出場しました。

1回の第1打席と3回の第2打席はいずれもフォアボールで、5回の第3打席は前を打つトラウト選手が申告敬遠されて1アウト一塁二塁と先制のチャンスで、初球を捉えて痛烈な当たりを打ちましたがライトライナーでした。

7回の第4打席はチームが同点に追いつきなお1アウト一塁二塁のチャンスで、ここも初球を打ってレフトフライでした。

大谷選手は2打数ノーヒット、フォアボール2つで、連続試合ヒットは5で止まり打率は2割5分9厘に下がりました。

エンジェルスは、今月大リーグデビューしたばかりの4番・マキノン選手が7回に値千金の勝ち越しタイムリーを打ち、2対1で逆転勝ちしました。

投手陣も、乱闘騒ぎで先発のワンツ投手や抑えのイグレシアス投手などが退場となる中、2回から登板したスアレス投手が6イニングを1失点に抑え、8回から3人目で登板したオルテガ投手が1点のリードを最後まで守って大リーグ2年目で初セーブをあげました。

エンジェルスは連敗を2で止めてこのカード3連敗を免れ、マリナーズと入れ代わって1日で地区3位に戻りました。