東京の都心 6月観測史上最高 36.2度 厳しい暑さ1週間程度続く

26日も全国的に気温が上がり、東京の都心では6月として観測史上最も高い36.2度に達するなど、関東を中心に猛暑日となりました。厳しい暑さはこの先1週間程度は続く見込みで、引き続き、熱中症への警戒が必要です。

気象庁によりますと日本の南にある高気圧に覆われて強い日ざしが照りつけ、全国的に午前中から気温が上昇しました。

東京の都心では最高気温が6月としては観測を始めてから最も高い記録に並ぶ36.2度に達しました。

6月に2日連続で猛暑日となったのは初めてです。

このほか、日中の最高気温は
▽栃木県佐野市と群馬県伊勢崎市で36.8度、
▽東京・練馬区と埼玉県熊谷市で36.4度、
▽水戸市で36度ちょうど、
▽岩手県釜石市と兵庫県豊岡市で35.6度、
などと関東を中心に全国の30の観測地点で猛暑日となりました。

また、
▽金沢市で33.7度、
▽福岡市で33.1度
▽京都市で32.9度、
▽松山市で32.8度などと全国の観測点の6割近くで真夏日となりました。

午後6時になっても全国各地で気温が30度を超えています。
27日も関東甲信を中心に厳しい暑さとなる見込みで、日中の最高気温は
▽埼玉県熊谷市と前橋市で38度、
▽さいたま市と水戸市で37度、
▽甲府市や宇都宮市で36度、
▽東京の都心や富山市、福島県相馬市で35度などと予想されています。

この先1週間程度は高気圧が日本付近に張り出すため晴れて気温が上がりやすく、全国的に厳しい暑さが続くと見込まれ、ところによっては35度以上の猛暑日が予想されています。
引き続き熱中症に警戒し、
▽こまめに水分を補給する、
▽我慢せず冷房を適切に使用する、
▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、
対策をとってください。
毎年、高齢者が冷房を使用せずに熱中症の疑いで亡くなるケースが確認されています。

離れて住む家族の方や周囲の人が声をかけるなど、注意をうながすよう心がけてください。

大気不安定 急な激しい雨 激しい突風などに注意

気象庁によりますと日中の気温の上昇と上空の寒気の影響で西日本から東北にかけての山沿いを中心に大気の状態が不安定になり、この時間は九州で局地的に雨雲が発達しています。

午後4時までの1時間には▽宮崎県が日之影町に設置した雨量計で55ミリの非常に激しい雨を観測したほか、▽国土交通省が熊本県八代市泉町に設置した雨量計で30ミリの激しい雨を観測しました。

大気の不安定な状態は西日本では26日遅くにかけて、東日本では27日にかけて続くほか、北日本でも27日にかけて湿った空気が流れ込むため、雨雲が発達しやすく局地的に雷を伴って激しい雨が降り、大雨となるおそれもあります。

気象庁は急な激しい雨のほか、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも注意するよう呼びかけています。