熱中症の疑い 都内で93人搬送 我慢せず冷房使用を(午後9時)

東京消防庁によりますと、都内では26日午後9時までに熱中症の疑いで8歳から97歳までの男女93人が病院に搬送されたということです。

このうち
▼60代から80代の4人は重症、
▼80代の男性1人がより深刻な「重篤」だということです。
また、▼10代から90代までの34人が中等症、
▼このほかの54人は軽症だということです。

東京消防庁は我慢せずに冷房を使用し、のどが渇く前にこまめに水分補給をするほか、屋外で人と2メートル以上距離が確保できる場合はマスクを外すなどして対策をとるよう呼びかけています。