きょうも関東甲信を中心に猛暑日に 熱中症に警戒 水分補給を

25日は群馬県伊勢崎市で国内の6月の気温として最も高い40.2度を観測するなど、東日本を中心に猛烈な暑さとなりました。

26日も各地で厳しい暑さが続き、関東甲信の内陸などでは35度以上の猛暑日となる見込みで、引き続き熱中症に警戒してください。

気象庁によりますと、25日は東日本を中心に晴れて気温が上がり、群馬県伊勢崎市では40.2度と、国内の6月の気温としては観測史上最も高い気温となりました。
このほか東京の都心でも35.4度と、全国の64の観測地点で35度以上の猛暑日となりました。

26日は湿った空気が流れ込んで雲が広がるところがありますが、高気圧の影響で全国各地で30度前後まで気温が上がる見通しです。
特に関東甲信を中心に晴れて気温が上がる見込みで、日中の最高気温は前橋市と埼玉県熊谷市で36度、福島市や富山市、甲府市、水戸市、東京の都心で35度と猛暑日が予想されています。
今月末にかけてもところによって35度以上の猛暑日が予想されるなど、全国各地で厳しい暑さが続く見込みです。
熱中症に警戒し、こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、対策をとってください。
毎年、高齢者が冷房を使用せずに熱中症の疑いで亡くなるケースが確認されています。

離れて住む家族の方や周囲の人が声をかけるなど、注意をうながすよう心がけてください。
また、気温の上昇に伴って各地で大気の状態が不安定になる見込みで、急な激しい雨のほか、落雷、竜巻などの突風、それに「ひょう」にも注意が必要です。