ノルウェー 首都で男が銃を乱射 2人死亡 21人けが

ノルウェーの首都オスロで男が銃を乱射し、これまでに2人が死亡し21人がけがをしました。警察は現場の近くにいた42歳の男を逮捕し、テロなどの疑いで捜査しています。

地元メディアなどによりますと、ノルウェーの首都オスロの繁華街にあるバーの周辺などで25日未明、男が銃を乱射し、これまで2人が死亡し21人がけがをしました。

警察は事件の直後、現場の近くにいた42歳のイラン系ノルウェー人の男を逮捕し、テロなどの疑いで捜査しています。

これまでの調べによりますと、男は単独で犯行に及んだとみられ、「過激なイスラム教徒によるテロ」の疑いもあるということです。

現場付近は性的マイノリティーの人たちが集まることで知られていて、25日は毎年恒例の性的マイノリティーの人たちによるパレードが開催される予定でしたが事件を受けて中止されました。

ノルウェーのストーレ首相は狙われたのが性的マイノリティーの人たちなのかどうかは不明だとしたうえで、「罪のない人々に対する残酷な攻撃だ」と述べ事件を強く非難しました。