日本医師会 新しい会長に松本吉郎常任理事を選出

日本医師会の会長選挙が行われ、現職の中川会長の後任に、松本吉郎常任理事が選出されました。

日本医師会は、25日に東京都内で代議員会を開き、任期満了に伴う会長選挙を行いました。

会長選挙には、松本吉郎常任理事と松原謙二副会長の2人が立候補し、都道府県医師会の代表ら376人の代議員による投票が行われました。

その結果、松本氏が310票、松原氏が64票で、松本氏が新しい会長に選出されました。

松本氏は東京都出身の67歳。

さいたま市で皮膚科や形成外科の診療所を運営する医療法人の理事長で、6年前の平成28年から3期連続で常任理事を務めました。

今回の会長選挙をめぐっては、現職の中川俊男会長が、当初、立候補に意欲を示したものの、組織全体の分断を回避する必要があるとして立候補を断念し、退任する意向を表明しました。

選出された松本氏は「現在のわが国の医療、医師会を取り巻く環境は非常に厳しい。地域の医師会の協力を得て、難局にあたっていきたい」と決意を述べました。

松本新会長「一致団結し強い医師会を作りたい」

日本医師会の新たな会長に選出された松本吉郎常任理事は、記者会見で「会員、そして医師の信頼に応えられる医師会になるように努力したいと思うし、それがひいては国民の信頼を得ることにつながる。政界・財界なども含め、しっかりと連携しコミュニケーションをとって、日本医師会の使命を果たすべく努力したい。一致団結して、新しく、より強い医師会を作りたい」と述べました。

そのうえで、今後の課題として、
▽再来年度の、診療報酬・介護報酬・障害福祉サービスなどの報酬の改定が同時に行われる「トリプル改定」への対応や
▽かかりつけ医機能の整備、
▽デジタル技術で業務を変革する「医療DX」の推進、
それに
▽医師の働き方改革などを挙げ、政府・与党とも連携して取り組んでいく考えを示しました。