甲斐行夫 新検事総長「国民の期待に応えられるよう尽くす」

検察トップの検事総長に新たに就任した甲斐行夫氏が記者会見し、「安全・安心な社会の実現に貢献するため基本に忠実に事件に取り組み、国民の期待に応えられるよう力を尽くしたい」と抱負を述べました。

新しい検事総長に就任した甲斐氏は大分県出身の62歳。

東京地方検察庁の検事正や東京高等検察庁の検事長などを歴任し、24日、検事総長に就任しました。

会見で甲斐氏は「警察などの関係機関と連携し、安全・安心な社会の実現に貢献するため、基本に忠実に一つ一つの事件に取り組み、国民の期待に応えられるよう力を尽くしていきたい」と抱負を述べました。

そのうえで、「厳正公平・不偏不党を旨として事件に向き合い、捜査・公判能力のさらなる向上に組織として取り組みたい。国民の目を意識し、検察内部でも自由かったつな組織風土が作れるよう努力していきたい」と述べました。

また、捜査や公判など刑事手続きのIT化については、「喫緊の課題と考えているので、実現に向けて積極的に取り組みたい」と述べました。