きょうも広範囲で気温上がり危険な暑さ予想 熱中症に警戒を

25日も広い範囲で気温が上がり、埼玉県熊谷市では最高気温が39度と危険な暑さが予想されています。こまめに水分補給したり我慢せず冷房を適切に使用したりするなど熱中症に警戒してください。

24日は、
▽新潟県十日町市で37.1度、
▽香川県東かがわ市引田で36.9度、
▽京都府京田辺市で35.6度など
各地で猛烈な暑さとなりました。

25日は、
東日本や東北などでさらに気温が上がり、
日中の最高気温は
▽埼玉県熊谷市で39度、
▽前橋市で38度と
危険な暑さになると予想されています。

また
▽福島市で36度、
▽岩手県宮古市、富山市、愛媛県新居浜市などで35度と
猛暑日が予想されているほか、
▽東京の都心や京都市などで34度、
▽北海道北見市や仙台市、大分市などで33度と、
広い範囲で真夏日になる見込みです。

熱中症の危険性が極めて高くなるとして、気象庁と環境省は関東から沖縄にかけて合わせて6つの県に「熱中症警戒アラート」を発表しています。

熱中症に厳重に警戒し、対策をとってください。
来週にかけても、ところによって35度以上の猛暑日が予想されるなど、厳しい暑さが、しばらくの間続く見込みです。

この時期はまだ暑さに慣れていないため、
▽こまめに水分を補給したり、
▽我慢せず冷房を適切に使用したりするほか、
▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなどして
熱中症に警戒してください。

暖かく湿った空気の影響で大雨に警戒を

一方、九州から東北に伸びる梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れこんでいる影響で、北日本から西日本では大雨となるところがあります。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、九州から東北に伸びる梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れこんでいるため、北日本から西日本では雨雲が広がり、雷を伴った大雨となるところがあります。

特に九州では、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

26日朝までの24時間に降る雨の量は、
いずれも多いところで
▽九州南部で120ミリ、
▽九州北部で100ミリ、
▽中国地方で60ミリと予想されています。

上空には寒気も流れ込んでいるため、大気の状態も非常に不安定になる見通しです。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも注意するよう呼びかけています。