半導体の受託生産 世界最大手TSMC 茨城県の研究拠点開所式

半導体の受託生産で世界最大手のTSMCは、先端半導体の研究拠点を茨城県につくりました。今後、日本が強みを持つ製造装置や素材の知見を生かし、研究を加速させることにしています。

TSMCは茨城県つくば市に新たな研究拠点を設けました。

およそ370億円の事業費のうち、半分に相当するおよそ190億円は日本政府が支援していて、24日はTSMCや日本政府の関係者が集まり、開所式を行いました。
この中でTSMCの魏哲家CEOは「日本と台湾は世界の半導体サプライチェーンで重要なつながりがある。この施設での協力関係がより多くのイノベーションにつながると確信している」と述べました。

通信ネットワークや自動運転などに欠かせない先端半導体をめぐっては、各国が経済の安全保障の観点から産業の支援に乗り出すなど、競争が激しくなっています。

新しい研究拠点では、高度な演算処理を行う「ロジック半導体」や記憶用の半導体など複数の機能を組み合わせた、先端技術の実用化に向けた研究を行うということで、日本としては、強みを持っている製造装置や素材の知見を生かして研究を加速させることにしています。
TSMCジャパン3DIC研究開発センターの江本裕センター長は「日本で研究をすることで開発のスピードを高めたい」と話していました。