北朝鮮 軍事力の拡大・強化を承認 “いかなる敵にも圧勝”

北朝鮮は朝鮮労働党の中央軍事委員会の拡大会議を23日まで開き、「戦争抑止力を一層拡大・強化するための重要な問題」を審議し、承認しました。キム・ジョンウン(金正恩)総書記は演説で「いかなる敵にも圧勝する強い自衛力を備えるべきだ」と述べ、アメリカなどに対抗して軍事力のさらなる強化を進めていく考えを強調しました。

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、キム・ジョンウン総書記が出席して、23日までの3日間開かれた党中央軍事委員会の拡大会議の映像を、24日放送しました。

会議では軍の前線部隊の作戦任務に「重要軍事行動計画」を追加するとしたうえで「戦争抑止力を一層拡大・強化するための重大な問題を審議し、承認した」としています。

ただ、北朝鮮が加速している核・ミサイル開発については、具体的に触れていません。

キム総書記は演説の中で「軍の絶対的な力と軍事技術的な強さを確固として維持し、不断に向上させていくことが求められている。いかなる敵にも圧勝する強い自衛力を備えるべきだ」と述べ、アメリカなどに対抗して軍事力のさらなる強化を進めていく考えを強調しました。

また、核・ミサイル開発で中心的な役割を担ってきたとされるリ・ビョンチョル書記が、中央軍事委員会の副委員長に復帰し、委員長のキム総書記を支える副委員長のポストが2人になりました。

一方、韓国の通信社、連合ニュースは、会議で示されたモザイク処理された地図について、韓国東部の日本海沿岸の地形だとしたうえで「核兵器を最前線で運用する任務が与えられたと分析できる」と伝えています。