持続化給付金などだまし取ったか 広島の弁護士ら2人逮捕

新型コロナウイルスの影響を受けた事業者に国から支給される「持続化給付金」などをだまし取ったとして広島県の47歳の弁護士ら2人が詐欺の疑いで逮捕されました。
広島県警によりますと、弁護士が持続化給付金をだまし取った疑いで逮捕されるのは全国で初めてだということです。

逮捕されたのは東広島市の弁護士 加島康介容疑者(47)と、広島市の会社経営者 熊本俊二容疑者(56)の2人です。

警察によりますと2人はおととし、新型コロナの影響で加島容疑者が代表を務める広島県内のホテル運営会社の収入が減ったとうその申請を行い、国から支給される持続化給付金200万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。

また、おととし新型コロナの影響を受けた事業者の賃料の負担を軽減するため国から支給される「家賃支援給付金」およそ392万円をだまし取った疑いも持たれています。

広島県警によりますと、弁護士が持続化給付金や家賃支援給付金をだまし取った疑いで逮捕されるのは全国で初めてだということです。

警察は捜査に支障があるとして2人の認否について明らかにしていません。