東北新幹線 開業40年の記念イベント JR仙台駅で始まる

東北新幹線の開業から40年になるのにあわせた記念のイベントが23日からJR仙台駅で始まりました。

東北新幹線は、1982年6月23日に埼玉県の大宮駅と岩手県の盛岡駅の間で開業し、23日に開業40年を迎えました。

これにあわせたイベントが23日からJR仙台駅の構内で始まり、東北新幹線のイラストが入ったトートバッグやキーホルダーなど、記念のオリジナルグッズのほか、東北6県の食材を使った記念の駅弁などが販売され、鉄道ファンなど多くの人が買い求めていました。
また、期間限定で運行されている、クリーム色の車体に緑のラインをあしらった開業当時の200系新幹線の色合いを再現した車両もホームにお目見えし、写真を撮る人の姿が見られました。

新幹線の利用客の20代の女性は「東北新幹線は東京で友達と会うときや、仕事の研修があるときによく利用します。新幹線を使うと東京を近くに感じることができ、助かっています」と話していました。

職場が仙台にあるという70代の男性は「新幹線が開通する前は、時間がかかって不便でした。スピードも乗り心地もよく、日々進歩していると感じます。今後も事故のないよう運行を続けてほしい」と話していました。

記念のイベントは、6月26日まで開かれています。