人質立てこもり事件 容疑者はネットカフェ転々として生活か

埼玉県川越市のインターネットカフェで起きた人質立てこもり事件で、逮捕された容疑者は今月に入ってから県内や周辺のインターネットカフェを転々としながら生活していたことが捜査関係者への取材で分かりました。
警察は事件にいたる経緯を調べています。

住所・職業不詳の長久保浩二容疑者(42)は21日の夜、埼玉県川越市のインターネットカフェの個室ブースで、20代の女性従業員を人質にとり、およそ5時間にわたって立てこもったとして、22日監禁の疑いで逮捕され、23日容疑を監禁傷害に切り替えて身柄が検察庁に送られました。

女性は保護され命に別状はないということです。

捜査関係者によりますと、容疑者は10年前にも愛知県の信用金庫で人質立てこもり事件を起こし、ことし4月に出所したばかりでしたが、今月に入ってからは県内や周辺のインターネットカフェを転々としながら生活していたということです。

調べに対し「自分の人生に嫌気が差した。事件を起こせば刑務所に戻れると思った。死刑や無期懲役になりたかった」などと供述しているということです。

事件があった店には21日の午前中に来店し、会員カードを使って利用していたということで、警察は事件にいたる経緯を調べています。