東大前切りつけ事件 元高校生の検察庁送致を決定 名古屋家裁

ことし1月、東京大学の門の前で受験生など3人を切りつけたなどとして家庭裁判所に送られていた名古屋市の元高校生について、名古屋家庭裁判所は「通り魔的に生命を脅かす重大な事案で、刑事処分が相当だ」として検察庁に送り返す決定をしました。

名古屋市の私立高校の18歳の元男子生徒は、ことし1月、東京メトロの車内でエタノールなどをまいたあと、大学入学共通テストの会場だった東京大学の門の前で、受験生など3人を次々に切りつけてけがをさせたとして、先月、家庭裁判所に送られていました。

名古屋家庭裁判所で22日開かれた審判で後藤隆裁判長は「東京大学の理科三類を志望し、寝食も惜しんで猛勉強をしていたが、高校2年生から成績が低迷するようになり、担任や父に進路変更を勧められたことから自身の存在意義がなくなったものと考えた。通行人らを殺傷すれば抱えきれないほどの罪悪感を抱いて、自殺できるだろうと考えた」と指摘しました。

そのうえで「凶器や薬品などを準備し、犯行場所を下見するなど計画を立てていて、人の命をかえりみない態度は顕著だ。通り魔的に3人もの生命を脅かす重大な事案で、刑事処分が相当だ」として検察庁に送り返す決定をしました。

今後、検察が殺人未遂などの罪で起訴するかどうかを判断することになります。