水路で魚が大量死 製鉄所から化学物質含む液体流出 千葉 君津

今月、千葉県君津市にある日本製鉄の製鉄所の近くの水路で、魚が大量に死んでいるのが確認されました。この水路では、製鉄所から化学物質を含んだ液体が流出していたことが確認されていて、君津市は付近に近寄らないよう呼びかけています。

今月19日、君津市の「日本製鉄東日本製鉄所 君津地区」の脇の水路で、水が赤くなり、魚が死んでいると住民から消防に通報がありました。

日本製鉄が調べたところ、敷地内にある化学物質を含む液体を入れたタンクに穴が空いて、およそ3000立方メートルが漏れ出し、その一部が水路に流出していたことがわかりました。

流出したのは、石炭を燃やす際に出るガスから硫黄の成分を取り除くのに使う液体で、主な成分は飲み込むと有害とされる「チオシアン酸アンモニウム」だということです。

製鉄所がこれまでに液体が漏れ出さないよう対策をとったということで、千葉県は、水路で濃度が薄まり、直ちに人体に影響がでる可能性は低いとしています。

県は、周辺の水質の調査を続けるとともに、製鉄所への立ち入り検査を行い、詳しい原因を調べています。

一方、君津市は住民に対し、付近には近寄らず、魚に触ったり食べたりしないよう呼びかけています。

日本製鉄東日本製鉄所は「住民の皆様に心配とご迷惑をおかけしたことを重く受け止めています。千葉県の指導のもと原因究明を進め、再発防止を図りたい」としています。