居眠りしていた裁判員を解任 辞任の申し立てで 仙台地裁

20日、仙台地方裁判所で開かれた裁判員裁判で裁判員がいびきをたてて居眠りをし、被告の弁護士が解任を求めていた問題で、仙台地方裁判所は「この裁判員が辞任を申し立てた」として解任しました。

仙台地方裁判所で20日開かれた強盗殺人などの罪に問われている被告の裁判員裁判で、被告の弁護士が無罪主張の理由などについて説明している途中、裁判員の1人がいびきをかいて居眠りする様子が見られました。

被告の弁護士は裁判のあと「裁判の公正さに対する信頼を損なうおそれのある行為をしてはならない」などとして解任を請求していましたが、仙台地方裁判所は21日までに「この裁判員が辞任を申し立てた」として解任しました。

仙台地方裁判所は、解任の詳しい経緯などについて「現段階でコメントは差し控えたい」としています。

裁判員裁判には6人の裁判員のほかに補充裁判員も複数選ばれていて、裁判は予定どおり進むとみられます。