リサイクル工場で人の頭蓋骨など見つかる 東京 足立区

21日午前、東京 足立区の民間のリサイクル工場で人の頭蓋骨などが見つかり、警視庁が身元の確認を進めるとともに、何者かが遺棄したとみて調べています。

21日午前10時半ごろ、東京 足立区の民間のリサイクル工場の従業員から「人の骨のようなものが見つかった」と通報がありました。

警視庁が確認したところ人の頭蓋骨とあごの骨の一部が白い袋に入っていたということです。年齢や性別は分かっていないということです。

この工場では不燃ごみなどのリサイクルをしているということで、警視庁が骨を詳しく調べて身元の特定を進めるとともに、何者かが遺棄したとみて捜査しています。