プロ野球 ロッテ 佐々木朗希 22日の西武戦に先発へ

プロ野球 ロッテの佐々木朗希投手が22日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われる西武戦に中10日で先発することになりました。

佐々木投手は、今シーズンここまで、11試合に先発し、5勝1敗、防御率1.70で、12球団トップの105個の三振を奪っています。

前回は今月11日に本拠地のZOZOマリンスタジアムで行われたDeNA戦に登板し、8回1失点の好投を見せましたが、打線の援護に恵まれず、勝ち負けはつきませんでした。

試合後、井口資仁監督は、疲労を考慮して登板間隔をあけることを明かし、佐々木投手は翌12日に1軍の出場選手登録を抹消されました。

佐々木投手は22日、ZOZOマリンスタジアムで行われる西武戦に、中10日で、今シーズン初めて水曜日に登板します。

西武相手には4月に1度登板していて、そのときは8回1失点で勝ち投手となっていて、22日の登板にも期待が集まります。