“知人に刺された”30代男性 神社で腹部を刺され重傷 広島

21日午後、広島市の神社で30代の男性が刃物のようなもので腹を刺されて重傷です。男性は「知人に刺された」と話しているということで、警察は殺人未遂事件として、男性を刺して逃走した人物の行方を捜査しています。

21日午後3時15分ごろ、広島市安芸区矢野西5丁目の尾崎神社で「刃物のようなもので右側の脇腹付近を刺された」という通報が、30代の男性から消防にありました。

消防によりますと、男性は病院に搬送され重傷だということです。

警察によりますと、男性は「知人とトラブルになり刺された」と話しているということで、警察は殺人未遂事件として、男性を刺して逃走した人物の行方を捜査しています。

現場は、JR矢野駅から200メートルほどの場所で、住宅や店舗が建ち並んでいて、近くには小学校や保育園もあります。