「同姓同名」がきっかけに 越生町と宮代町が交流深める 埼玉

埼玉県の越生町と宮代町、2つの町が交流を深めるきっかけになったのは、町長の名前でした。

越生町の新井康之町長(77)と宮代町の新井康之町長(65)、同姓同名だったことがきっかけで2つの町の交流は始まりました。

いずれも東武鉄道が通り、都心までの通勤時間もほぼ同じといった共通点もあるため、交流をさらに深めていこうと、21日、越生町役場で2人の新井町長が覚書を交わしました。

このあと町の特産品を交換し、越生町からは収穫シーズンを迎えている梅の実や梅ジュースが、宮代町からは巨峰を使ったワインやようかんが贈られました。

越生町の新井康之町長は「宮代町には越生町にはないところがいっぱいあるので、観光の振興や住民の交流などに取り組み、両町の発展に尽くしたい」と話していました。

また、宮代町の新井康之町長は「車で1時間半ほどの距離でも地形は全く違うので、町民どうしの交流はもちろん、防災面でも助け合っていきたい」と話していました。

2つの町は今後、地域の特性を生かしながら、産業や教育、観光、防災などさまざまな分野で交流を進め、互いの町の活性化につなげていきたいとしています。