“違法な取り調べ” 刑事告発された検事2人を不起訴 大阪地検

大阪地検特捜部に逮捕・起訴され、裁判で無罪が確定した不動産会社の前社長が、取り調べで関係者を脅すなどの違法な捜査を行ったとして刑事告発していた検事2人について、大阪地検はいずれも嫌疑不十分で不起訴にしました。

3年前、横領事件に関わったとして大阪地検特捜部に逮捕・起訴されたあと、裁判で無罪が確定した大阪の不動産会社の前社長 山岸忍さん(59)は、ことし3月、捜査を担当した検事2人が山岸さんの部下らを脅したり不安をあおったりする違法な取り調べをしたと主張して、証人威迫などの疑いで最高検察庁に告発状を提出しました。

この告発について先月11日、大阪地検の刑事部が受理して捜査していましたが、21日に、いずれも嫌疑不十分で不起訴にしました。

大阪地検は「取り調べの内容に暴行や威迫に当たると認められる証拠はなかった」と説明しています。

最高検に提出した告発状を大阪地検が受理したことに対し、山岸さん側は、身内をかばう可能性があると批判していましたが、大阪地検刑事部の松居徹郎部長は「必要な捜査を遂げ、適切に処分したと考えている」としています。

不動産会社の前社長 山岸さん「結論ありきのおざなりな捜査だ」

検事らの不起訴について、山岸さんは「到底納得ができません。膨大な録音録画があるのに、これだけ短い期間で十分な捜査ができるはずもありません。身内による結論ありきのおざなりな捜査だったとしか思えません。検察庁が決して反省しようとしない組織であることが改めてわかりました。検察審査会や付審判請求での判断を仰ぎたいと考えています」というコメントを出しました。

弁護団の中村和洋弁護士は会見を行い「ふざけるなと言いたい。強い憤りを感じている。わずか1か月余りという短期間で、雑な捜査をして不起訴に至ったと判断せざるをえない。内容について十分な説明もなく大変残念だが、身内による不祥事の隠蔽としか評価できない。国民の信頼を回復できないと思う」と憤りをあらわにしました。

そのうえで「いちばん許せないのは、被害者である山岸さんから事情聴取をすべきと再三言ったのに、話を聞くこともなく、説明もないまま突如不起訴になったことだ。考えられるかぎりの手段を講じて不正を明らかにする。このままでは済まされない」と話し、今後、検察審査会への申し立てなどを行う方針を示しました。