株価 一時600円以上値上がり 値下がり銘柄買い戻す動き強まる

21日の東京株式市場は、このところ、大きく値下がりしていた銘柄をいったん買い戻す動きが強まり、日経平均株価は一時600円以上、値上がりしました。

▽日経平均株価、21日の終値は20日より475円9銭高い、2万6246円31銭。

▽東証株価指数=トピックスは、37.26上がって1856.20。

▽一日の出来高は11億1340万株でした。

市場関係者は「欧米の中央銀行でインフレの抑制に向けて先週、利上げを決める動きが相次ぎ、東京市場では世界的な景気減速への懸念からこのところ、株価が大幅に下落していたが、きょうは値下がりした銘柄をいったん買い戻す動きが強まった。午後に入りアジアの主要な市場で株価が堅調に推移したことも追い風となり、日経平均株価の値上がり幅が一時、600円を超える場面も見られた」と話しています。