農林水産省 新事務次官に横山紳官房長を起用

政府は、21日の閣議で農林水産省の新しい事務次官に、横山紳官房長を起用する人事を決めました。

新しい事務次官に就任する横山氏は兵庫県出身の59歳。

昭和61年に農林水産省に入り、国際関係を担当する総括審議官や経営局長などを経て、おととしから官房長を務めています。

横山氏は、ロシアのウクライナ侵攻などで改めて課題が浮き彫りになった、食料安全保障の強化などに取り組むことになります。

この人事は28日付けで発令されます。