岸田首相 8月のNPT再検討会議に出席へ 日本の総理大臣では初

岸田総理大臣は、ことし8月にアメリカで開催が予定されているNPT=核拡散防止条約の再検討会議に日本の総理大臣として初めて出席することになりました。

これは、松野官房長官が閣議のあとの記者会見で発表しました。

それによりますと、岸田総理大臣はことし8月にアメリカ ニューヨークの国連本部で開催が予定されている、世界の核軍縮の方向性を議論するNPT=核拡散防止条約の再検討会議に日本の総理大臣として初めて出席するとしています。

松野官房長官は「NPTは核兵器国と非核兵器国が参加する国際的な核軍縮不拡散体制の礎石だ。政府として意義ある成果を収められるよう全力を尽くす」と述べました。

一方、21日からオーストリアで開かれる核兵器禁止条約の初めての締約国会議については「条約には核兵器国は1か国も参加していない。唯一の戦争被爆国として核兵器国を関与させるよう努力し、核兵器のない世界に向けて現実的な取り組みを進めていく」と述べ、オブザーバー出席はしないと説明しました。