トランスジェンダーの水泳選手が出場できる新カテゴリー検討へ

国際水泳連盟は19日、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの選手が出場できる新たな競技カテゴリーの創設に向けてワーキンググループを立ち上げることを明らかにしました。

国際水泳連盟は19日、ハンガリーのブタペストで開いた総会でジェンダーに関する指針を決めました。

指針では心と体の性が一致しないトランスジェンダーの選手が女子のカテゴリーの競技に出場する場合、男性ホルモンの「テストステロン」の値が定められた基準値を超えると失格などとする可能性があるとしています。

さらに、総会ではトランスジェンダーの選手が出場できる新たな競技カテゴリーの創設に向けてワーキンググループを立ち上げることも明らかにされ、半年ほどかけて検討するとしています。

国際水泳連盟は「選手の権利は守らなければならないが特に女子の競技では公平性も守らなければならない」などとしています。

トランスジェンダーの選手をめぐってはことし3月に行われたアメリカの全米大学選手権の女子の自由形の種目に出場したトランスジェンダーの選手が優勝し、議論となっていました。