5月のコンビニの売り上げ 3か月連続増 行動制限緩和で販売好調

先月の全国のコンビニエンスストアの売り上げは、1年以上営業している既存店の合計で8864億円と去年の同じ月より3.2%増え、3か月連続の増加となりました。

調査した日本フランチャイズチェーン協会によりますと、行動制限が緩和されたことで1年前よりも来店客の数が増え、おにぎりや弁当、ソフトドリンクなどの販売が好調だったことが主な要因だということです。

一方、感染拡大前との売り上げの比較を見ると、すべての店舗の合計では依然、コロナ前の水準には回復していないとしています。