各地で真夏日予想 熱中症に十分注意を 湿度高く蒸し暑い見込み

西日本や東日本を中心に20日も気温が上がりところによって30度以上の真夏日が予想されていて、熱中症に十分注意が必要です。

気象庁によりますと、20日も南から暖かい空気が流れ込むため、西日本や東日本を中心に晴れて、気温が上がる見込みです。

日中の最高気温は、▽前橋市で33度、▽兵庫県豊岡市や埼玉県熊谷市で32度、▽名古屋市や京都市、福井市、鳥取市で31度、▽東京の都心や大阪市、仙台市、山口市で30度などと各地で真夏日になると予想されています。

湿った空気の影響で湿度も高く、きょうも蒸し暑い見込みです。

この時期は体が暑さに慣れていないため、こまめな水分補給などを行って熱中症に十分注意してください。

一方、上空の寒気の影響で、北日本などでは気温の上がる午後を中心に大気の状態が不安定になる見込みで、局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあります。

落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも注意が必要です。

急に周囲が暗くなったり、冷たい風が吹いたりするなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合、▽屋外では頑丈な建物に移動する、▽室内ではカーテンを閉めて窓から離れるなど安全を確保するようにしてください。