小学生の男の子と母親か 用水路に流されて心肺停止 石川 白山

18日夕方、石川県白山市で、小学生とみられる男の子が足を滑らせて用水路に転落し、助けようとした女性も一緒に流されました。
2人は親子とみられ、病院に搬送されましたが、いずれも心肺停止の状態だということです。

警察や消防によりますと、18日午後5時半ごろ石川県白山市森島町で「男の子が用水路に転落し、お母さんも助けようとして飛び込み流された」と近所の女性から通報がありました。

2人は午後6時前、転落した場所から直線距離で1.5キロほど離れた場所で流されているところを消防に救出され、病院に搬送されましたが、いずれも心肺停止の状態だということです。

親族の話などから男の子は小学生で、きょうだいと用水路のそばで遊んでいた際に足をすべらせて転落したとみられるということです。

用水路は、幅がおよそ3メートル、深さがおよそ1メートルあり、水の流れは速いということです。
警察が詳しい状況を調べています。