面識ない人を無差別に巻き込む事件相次ぐ“多くは場当たり的”

電車内での切りつけやビルの放火、立てこもりなど、面識のない人を無差別に巻き込む事件が去年以降、全国で15件起きていることが分かりました。
「死にたかった」などとして場当たり的に事件を起こすケースが多く、専門家はSNSの普及などで自分の境遇を他人と比べる機会が増え、不満を抱えて事件を起こす傾向があると分析しています。

去年8月、東京の小田急線の車内で乗客が切りつけられた事件や、去年10月に京王線で起きた切りつけ・放火事件、さらに、ことし1月に東京 代々木の焼き肉店で起きた立てこもり事件など、面識のない人を無差別に巻き込む事件が去年以降、全国で15件起きていることがNHKの取材で分かりました。

この10年で見ても突出していて、これまでに起きた事件の手口を模倣するケースも目立っています。

15件を詳しく分析すると、少なくとも8件では、容疑者が逮捕後の調べなどで「死にたかった」「死刑になりたかった」などと供述していたことが分かりました。

また少なくとも7件では事件当日や前日に犯行を決意したとみられ、手口などからも場当たり的、衝動的に事件を起こしているのが実態です。

元被告「深く考えてない 生きていたという証しを」

ことし1月、東京 渋谷区代々木の焼肉店で店長を人質にとって立てこもったとして逮捕・起訴され、執行猶予のついた有罪判決を受けた29歳の元被告が初めて取材に応じました。

元被告は事件のおよそ2週間前に仕事をやめて上京し、新宿区内の公園で寝泊まりしていましたが、所持金を使い果たし自暴自棄になったということです。

脅しに使ったのは段ボール製の偽物の爆弾で、事件を起こすことを決めたのは店に入る1時間ほど前だったと説明しています。

当時の心境について「人生を終わらせたいという思いがあり、立てこもっている時に説得で来た警察官には『とりあえず殺してくれ』と言った」と振り返っています。

そして「ほかの人たちもそうだと思うが、事件を起こすことについて、そこまで深く考えてない。世間で騒がれるような事件を起こして、生きていたという証しを残したいという思いがあった」などと話していました。

被害者「社会や時代のせいではなく…」

去年8月、東京の小田急線で乗客が切りつけられた事件の被害者の1人、40代の男性が取材に応じました。

男性は「毎朝、ごはんを作ろうと包丁を握った瞬間に、床に散らばっていた刃物の光景が頭によぎってしまう。事件のことは考えないようにと自分に言い聞かせています」と話しています。

そのうえで、まだ事件を十分に受け入れられていないとして「犯人の動機については知りたくありません。社会のせいや時代のせいではなく、ただ本人の心が自分の心と見つめ合わなかったのではないかなと思っています」と話していました。

専門家 ”SNSの普及で自分を他人と比べて不満に”

犯罪心理学が専門の筑波大学の原田※隆之教授は「人生に大きく絶望し、もう自分の人生を終わらせたいということが大きな動機だという点が共通している。SNSの普及で自分の境遇を他人と比べて不満を持ち、こうなったのは周りのせいだとして、社会に敵意を持つようになるのではないか。手口をまねてより重大な事件につながるおそれもあり、それぞれのケースをきちんと分析し、どういった対策が必要かを考えていく必要がある」と指摘しています。

※「隆」の生の上に「一」