上海郊外の化学工場で爆発 1人死亡 1人がけが

中国・上海の郊外にある化学工場で18日、爆発が起きて炎上し、これまでに1人が死亡、1人がけがをし、地元当局が消火活動を進めるとともに爆発の原因を調べています。

中国国営の新華社通信によりますと、上海の郊外にある、中国の大手石油化学会社「シノペック」の子会社の工場で18日、日本時間の午前5時半ごろ、爆発が起きて炎上しました。

現地からの映像では、工場の敷地内の複数の場所から煙とともにオレンジ色の炎が立ち上る様子が確認できます。

爆発は、ペットボトルの原料や車の不凍液などに使われる液体、エチレングリコールを製造するエリアで起きたということで、会社側によりますと、これまでに1人が死亡し、1人がけがをしたということです。

地元当局は、消防隊員500人以上、消防車100台以上を出動させて消火活動を進め、すでに炎の勢いはおさまったということで、関係者から話を聞くなどして爆発の原因を調べています。