細田衆院議長 セクハラ疑惑 事実無根などとして出版社を提訴

女性記者などへのセクハラ疑惑を週刊誌に報じられた細田衆議院議長は、報道内容は事実無根で名誉毀損にあたるとして、発行元の出版社に対し、2200万円の損害賠償などを求める訴えを起こしました。

「週刊文春」は先月、細田衆議院議長について、女性記者を深夜に自宅に来るよう誘うなど、セクハラと受け止められかねない行為を繰り返し、自民党本部の女性職員にもセクハラ行為を行っていた疑いがあるなどと報じました。

これについて細田議長は17日「報道は事実無根で、悪質な印象操作や事実のわい曲も多数存在する。名誉毀損に該当し、到底看過できない」などとして「週刊文春」の発行元の「文藝春秋」に対し、2200万円の損害賠償と謝罪広告の掲載などを求める訴えを東京地方裁判所に起こしました。

これに対し「週刊文春」の編集部は「国権の最高機関のトップである細田議長が、公の場で一度も説明されないまま提訴に至ったことは残念に思う。記事は複数の証言、証拠に基づくもので十分自信を持っており、裁判でセクハラの事実を明らかにする」としています。