大阪 クリニック放火事件から半年 現場で手を合わせる人の姿

大阪 北区のビルに入るクリニックが放火され、巻き込まれた26人が死亡した事件から、17日で半年です。現場となったビルの前では、亡くなった人を悼んで花を手向けたり手を合わせたりする人の姿が見られました。

去年12月17日、大阪 北区のビルに入る心療内科のクリニックが放火された事件では、巻き込まれた患者やスタッフ、26人が死亡しました。

この事件では、谷本盛雄容疑者(61)が殺人と放火などの疑いで書類送検され、容疑者死亡のため不起訴になっています。

事件から半年となる17日、現場となったビルの前では、多くの人が行き交う中、花を手向けたり手を合わせたりする人の姿が見られました。

中には足を止めて、ビルをじっと見上げる人の姿もありました。

現場には、クリニックに通っていた患者を支援する団体の代表、川田祐一さんも訪れ「手を合わせに来ました。風化してほしくないと思います。犠牲となった西澤先生のようにはなれませんが、残された患者さんを必死に支援していこうと改めて感じました」と話していました。

クリニック院長の妹 複雑な心境を語る

事件で亡くなったクリニックの院長、西澤弘太郎さん(49)の妹が取材に応じ「いまも感情をシャットアウトした状態で、事件に向き合えていない」などと複雑な心境を語りました。

現場となったクリニックの西澤院長の妹、伸子さん(45)は、事件当日、昼食をとろうとした際に、スマートフォンで偶然見たニュースで事件を知り、家族とともにクリニックに駆けつけたということです。

事件から半年となるのを前に、NHKの取材に応じ「ゆっくりと事件に向き合うとか、そういったことは、もうしていません。事件の直後から泣き続けることもなかったですし、感情はシャットアウトした状態で進んできたので、無意識に、勝手に、体や脳が考えないようにしてくれているのかもしれないです」と話しました。

そのうえで「カウンセラーから『まず第一に自分のケアをしてほしいです』と言われたときに、何かすごくつらかったです。本当はカウンセリングを受けたほうがいいのかもしれませんが、受ける勇気がないというのが正直なところです。受けてしまったら、今の自分でなくなってしまう、崩れてしまう気がしています」と複雑な心境を語りました。
今回の事件では、クリニックに通っていた多くの患者がよりどころを失っていて、伸子さんは兄である西澤院長に代わって少しでも患者の力になりたいと、事件の3か月後から患者などのオンライン交流会に参加しています。

ただ、いまは寄り添うことの難しさも感じているということで「少しずつでも、ちょっとずつ角度を変えて前向きになれるようにできたらいいなと思っていますが、無理強いだったり、こちらから何か声をかけていくというのは、ちょっと違うかなと感じています」と話しました。

こうした中、カウンセリングの専門的な知識を得たいと、カウンセラーを養成する講座の受講を始めたということです。

事件からの半年間で、新たな目標も見つかったということで、伸子さんは「ささいな悩みでも、心の整理をお手伝いするような活動をしていきたいです。時間がたって、何年もたったときに、お話ししたいとか、そんな方もいらっしゃると思うので、そういう時に、悩みを話せるような場を作ることができたらいいなと思います」と話していました。