中国海軍3隻目の空母「福建」が進水 中国 国営メディア

中国の国営メディアは、海軍が建造を進めていた3隻目の空母が17日、進水したと伝えました。最新鋭の空母をアピールすることで、習近平国家主席の求心力を高めるねらいがあるとみられますが、アメリカや周辺国の警戒感がさらに強まることは避けられない見通しです。

中国国営の新華社通信によりますと、海軍が建造を進めていた中国としては3隻目となる空母の進水式と命名式が現地時間の17日午前、上海の造船所で行われました。

空母は「福建」と名付けられ、排水量は8万トン余りとすでに就役している2隻の空母と比べて大型化しています。

さらに、艦載機を加速して発進させることができる電磁式の「カタパルト」という装置が初めて装備されたとしています。

中国は「今世紀半ばまでに世界一流の軍隊をつくる」という目標を掲げて軍事力の増強を進めていて、これまでに初の空母「遼寧」と、初の国産空母「山東」の2隻を就役させるなど、とりわけ海軍力の強化に力を入れています。

このうち、2017年に進水した「山東」は、装備の取り付けや航行試験などを経て就役までに2年余りかかっていることから、今回の「福建」も就役には数年かかるとみられます。

中国としては、習近平国家主席の共産党トップとして異例の3期目入りがかかることし後半の党大会を前に、最新鋭の空母をアピールすることで、習主席の求心力を高めるねらいがあるとみられますが、急速な軍備の増強にアメリカや周辺国の警戒感がさらに強まることは避けられない見通しです。

松野官房長官「重大な関心を持って関連動向を注視」

松野官房長官は午後の記者会見で「中国は3隻目の空母の建造を含め、海上戦力の近代化を急速に推進している。こうした軍事力の広範かつ急速な強化に加え、海空域での軍事活動などの急速な拡大、活発化や国防政策の不透明性などを踏まえれば、中国の軍事動向はわが国を含む地域と国際社会の強い懸念となっており、今後とも重大な関心を持って関連動向を注視する」と述べました。