NBAファイナル ウォーリアーズが4年ぶり7回目の優勝

NBA=アメリカプロバスケットボールの、今シーズンのチャンピオンを決めるファイナルは16日、第6戦が行われウォーリアーズがセルティックスに103対90で勝って、通算成績を4勝2敗とし、4年ぶり7回目の優勝を果たしました。

先に4勝したチームが優勝となるNBAのファイナルは、今シーズンはウォーリアーズとセルティックスの顔合わせとなり、第5戦を終えて3勝2敗としたウォーリアーズが優勝に王手をかけていました。

16日は、セルティックスの本拠地、ボストンで第6戦が行われ、ウォーリアーズは第2クオーターまでに15点のリードを奪うと、エースのステフィン・カリー選手のスリーポイントシュート6本を含む34得点の活躍などで、103対90でセルティックスに勝ちました。

ウォーリアーズは、ファイナルの通算成績を4勝2敗として、2018年以来、4年ぶり7回目の優勝を果たしました。