北朝鮮「腸に関する伝染病」“800世帯余で患者確認”と伝える

北朝鮮のメディアは、16日に国内の一部の地域での発生を明らかにした「腸に関する伝染病」について、800世帯余りで患者が確認されていると伝えました。

17日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、16日に発生を明らかにした「急性腸内性伝染病」について南西部ファンヘ(黄海)南道のヘジュ(海州)などで、800世帯余りに患者が確認されていると伝えました。

具体的な病名や症状は明らかにしていませんが、韓国メディアは、腸チフスやコレラなどの可能性があるという見方を伝えています。

またキム・ジョンウン(金正恩)総書記の妹、キム・ヨジョン(金与正)氏ら党の幹部が家庭の常備薬を提供し、17日に届けられるとしていて、マスク姿のヨジョン氏が薬が入ったとみられる箱を手渡す写真が掲載されています。
そして、これに先立ってキム総書記が提供した家庭の常備薬を「愛の不死薬」などと紹介し、薬を受け取って涙を流す人の写真も掲載しました。

北朝鮮指導部としては、新型コロナウイルスに加えて新たな病気への対応も迫られる中、国民に寄り添う姿勢をアピールする思惑があるとみられます。