参院選 7月10日投票決定 選挙の仕組みとは? 各党はどう臨む?

参議院選挙は今月22日公示、来月10日投票の日程で行われることが決まりました。今回の選挙は非改選の議席を除く選挙区の74議席と神奈川で欠員となっている非改選の1議席、それに比例代表の50議席の合わせて125議席をめぐって争われます。

各党は事実上の選挙戦に入り、経済対策や外交・安全保障、それに社会保障政策などを争点に論戦が繰り広げられる見通しです。選挙の仕組みや選挙戦への各党の受け止めなど、詳しくまとめました。

■参院選 6月22日公示 7月10日投票

政府は通常国会の閉会を受けて15日午後に臨時閣議を開き、6月22日公示、7月10日投票の日程で参議院選挙を行うことを決めました。

参議院選挙に立候補を予定しているのは、これまでのところ選挙区と比例代表で合わせて527人となっています。

■参院選の仕組みとは

参議院議員の任期は6年で、3年ごとに半数が改選されます。参議院全体の定員は今回の選挙から3増えて選挙区が148、比例代表が100の合わせて248となります。

計125議席めぐる争い

今回の選挙ではこの半数に当たる124議席と神奈川で欠員となっている非改選の1議席を加えた合わせて125議席をめぐって争われることになります。

<選挙区>45選挙区・75議席を争う

NHKのまとめでは、全国45の選挙区には75の定員に対し合わせて363人が立候補を予定しています。

選挙区は原則、都道府県を単位に設けられていますが、1票の格差を是正するため前々回・6年前の選挙から鳥取と島根、徳島と高知をそれぞれ1つの選挙区とする「合区」が行われ、45の選挙区で75議席を争います。
このうち選挙戦全体の行方を左右するとされる定員が1のいわゆる「1人区」は32あります。

<比例代表>50議席を争う

一方、定員50の比例代表には合わせて164人が立候補を予定しています。

比例代表は選挙区とは異なり全国単位で行われ、候補者の個人名もしくは政党や政治団体の名前を書いて投票します。政党名と個人名の票の合計が各党の得票数となり、その得票数に応じて「ドント式」と呼ばれる計算方法で50議席が配分されます。

各党の獲得議席の中でどの候補者が当選するかは原則として個人名の票が多い順に決まりますが、前回の選挙からあらかじめ政党が決めた順位に従って優先的に当選者が決まる「特定枠」を設けることができるようになりました。

■争点は? 政治部記者解説

Q1. 議席の焦点は?

まずは自民・公明両党が非改選の議席も合わせて参議院全体の過半数を維持できるかが最大の焦点です。両党の非改選の議席は自民党出身の山東議長を含め69ですので、56議席を獲得すれば過半数を維持できることになります。
これに対し野党第一党の立憲民主党は野党全体で今回争う125議席の過半数、つまり63議席以上の獲得を目指すとしています。

そこでカギを握るのはやはり全国に32ある「1人区」ということになります。
野党側は前回、前々回の選挙では、すべてで候補者を一本化して自民党の候補者と1対1で対決する構図を作りました。しかし去年の衆議院選挙で立憲民主党が議席を減らし野党の協力関係が白紙になったこともあって、今回の選挙での連携は限定的になる見通しです。
野党側が候補者を一本化して与党と対決する構図となる選挙区は11にとどまっています。こうした野党側の戦略が選挙結果にどのように影響するかがポイントになりそうです。

Q2. 選挙戦の争点は? 与野党は選挙戦にどう臨む?

ウクライナ情勢と新型コロナという大きな事態にどう対応するかが主な争点になります。特に物価の高騰や円安への対策、それに今後の外交・安全保障政策の在り方などで各党の具体策や姿勢が問われることになります。また今の国会で活発な議論が行われた憲法も争点の1つになりそうです。

与党側は政府の対応によって物価の上昇率は欧米に比べて抑えられているほか、先月の日米首脳会談をはじめ外交面でも成果をあげているなどとして政権の実績を強調し、内閣支持率が堅調なことも背景に支持の拡大を目指す方針です。

これに対し野党側は1人区での選挙協力が限定的になったこともあり、それぞれが独自の政策を掲げて政府・与党との違いなどをアピールする構えで、選挙後の主導権争いもにらみながら選挙戦を展開していくものとみられます。

■各党反応

通常国会が閉会し、参議院選挙の日程が決まったことを受けた各党の反応です。

岸田首相「決断と実行の政治ができるのはわれわれだけだ」

岸田総理大臣は党の選挙対策本部会議で「150日間の会期中支えてもらい心から感謝申し上げる。いよいよ選挙一色となるが、世界規模で歴史を画するような大きな課題に直面する中、国民生活を守り未来を切りひらくためには政治の安定が必要であり、決断と実行の政治ができるのはわれわれだけだと訴えたい。是が非でも選挙を勝ち抜いていきたい」と述べました。

立民 泉代表「物価高と戦う姿勢で全国各地で訴え強めたい」

立憲民主党の泉代表は党の両院議員総会で「日本経済や国民生活の危機的な状況に対し、岸田政権は全く何もやってこなかった。参議院選挙では物価高と戦うという姿勢で全国各地で訴えを強めていきたい。物価高に苦しむ国民、年金生活者など数多くの声を代弁し、広げていくのが立憲民主党だ」と述べました。

公明 山口代表「国民生活を断じて守り抜く決意で頑張りたい」

公明党の山口代表は党の両院議員総会で「物価高騰に対応する今年度の補正予算のほか、政府提出法案もすべて成立させることができ多大な成果を生み出すことができた。国民生活を断じて守り抜く決意で参議院選挙の勝利に向かって頑張りたい」と述べました。

維新 馬場共同代表「行財政改革積み重ね 子育て世代をサポート」

日本維新の会の馬場共同代表は記者会見で「国内外で山積する重要な課題に対し、岸田内閣が方針を決定し実行する姿は見られなかった。参議院選挙では行財政改革を積み重ねて子育て世代へのサポートを手厚くすることを訴えたい」と述べました。

国民 玉木代表「『対決より解決』『改革中道』に理解求めたい」

国民民主党の玉木代表は記者団に「政府の予算案への賛成をてこにガソリン価格の値下げなど重要な政策の実現に全力で取り組んだ。参議院選挙では『対決より解決』『改革中道』という党の立ち位置に理解を求める運動を展開したい」と述べました。

共産 志位委員長「間違った逆流に正面対決 抜本的な対案を提起」

共産党の志位委員長は記者団に「岸田政権は戦争する国づくり、物価高騰に対する無為無策という逆行が際立ってきた。平和の問題も、暮らしの問題も間違った逆流に正面対決して抜本的な対案を提起し参議院選挙で実らせたい」と述べました。

れ新 山本代表「勢力拡大し政治に緊張感を作りたい」

れいわ新選組の山本代表は記者会見で「全く覇気が感じられない、さざ波すら立たない国会だった。国会で嫌われているれいわ新選組の勢力を参議院選挙で拡大し政治に緊張感を作りたい」と述べました。

社民 福島党首「憲法9条を改憲させないためアピールしたい」

社民党の福島党首は党の両院議員総会で「生活破壊、戦争への道をひた走る国会だった。参議院選挙では憲法9条を改憲させないために国会に社民党が必要だと大いにアピールしていきたい」と述べました。

N党 立花党首「年金受給者の受信料免除をいちばんの公約に」

NHK党の立花党首は「NHKに非常に有利な改正放送法が成立したことは非常に残念だ。参議院選挙では年金受給者の受信料免除をいちばんの公約に掲げて戦いたい」と述べました。