水中用「パワーアシストスーツ」実証実験 八戸の企業など開発

海中で土木作業などを行う潜水士たちの負担を減らそうと、大学や青森県八戸市の企業などが開発を進めている、水中用の「パワーアシストスーツ」の実証実験が行われました。

これは法政大学理工学部や、八戸市の港湾土木会社と潜水会社が共同で開発を進めていて、岩手県洋野町で行われた実証実験には、関係者13人が参加しました。

試作機のスーツは、両腕に装着する形で、それぞれにゴム製のチューブが2本ずつ取り付けられ、そこに空気を送り込み膨張や収縮する際の力を利用して、重いものを持ち上げるのをサポートします。
両腕にスーツを装着した潜水士は、深さ5メートルのプールの中でおよそ50キロのおもりを持ち上げたり、およそ100キロのおもりを転がしたりして、スーツの動き具合などを確認していきました。

スーツを装着した潜水士の佐々木雄治さんは「通常よりも少ない力で作業できたように感じた。体に固定する部分を改良することで、さらに強いアシスト力を発揮できるのではないか」と話していました。

法政大学理工学部の石井千春教授は「今はひじへのアシストだけだが、いずれは肩の動きをアシストできるよう開発を進めたい」と話していました。

石井教授らは今後、改良を進め、9月上旬ごろに2回目の実証実験を行う予定だということです。