AI搭載の「警備ロボット」が混雑状況を把握 成田空港に初導入

施設内の混雑状況を把握する人工知能=AIが搭載された「警備ロボット」が成田空港に初めて導入されました。

導入されたのは高さおよそ1メートル20センチの車型のロボットで、カメラで撮影した映像を瞬時に解析できる人工知能が搭載されています。

人工知能で空港内の混雑状況を把握し、通路が塞がるなど通行に支障が出ている場所を確認すると、音声で「整列してください」とか「通路を確保してください」と呼びかけるということです。

また、不審物の警戒にもあたり、一定時間放置されたスーツケースなどを見つけると、空港内の司令室に自動で通報します。

成田空港では警備員の不足を補うためとして東京オリンピック・パラリンピックを前にカメラ付きのロボットをすでに5台導入していて、混雑状況を把握する人工知能を搭載したロボットは初めてだということです。

成田空港会社保安警備部の八重樫彰マネージャーは「空港を安心して利用してもらえるようロボットも活用して効率的な警備体制を整えていきたい」と話しています。