東京 品川区の高層マンションで火事 4人病院搬送も軽症

13日朝早く、東京 品川区にあるタワーマンションの18階で、ベランダなどが焼ける火事があり、男女4人が軽いけがをしました。

13日午前5時前、品川区東五反田にある地上44階建てのタワーマンションの18階から火が出ていると、東京消防庁に通報がありました。

消防車30台が駆けつけて消火にあたり、火は1時間半ほどで消し止められましたが、警視庁などによりますと、ベランダに置かれていたエアコンの室外機や電子レンジなどが焼けたほか、10代から40代までの住人の男女3人と20代の警備員の男性の合わせて4人が煙を吸うなどして病院に搬送されました。

いずれも、けがの程度は軽いということです。

警視庁は、ベランダに置かれていた家電などから火が出た可能性があるとみて、原因を詳しく調べています。

現場は、JR山手線の五反田駅から南東に400メートルほど離れた高層マンションなどが建ち並ぶ地域です。

火事が起きたマンションの上層階に暮らしている住民の男性は「最初は寝ていて気付きませんでしたが、煙がひどくなってきたので避難してきました。上の階から下に下りるとき、火事があった18階の近くは特に煙がひどかったです」と話していました。

また、火事があったマンションの向かい側の建物に暮らしているという70代女性は「大きなサイレンの音で火事に気付きました。私が見た時には白い煙がマンションの周りを渦巻いているのが確認でき、その煙がだんだんと黒くなっていきました。避難するのも大変でしょうし、同じ高層マンションに暮らしているので、火事が起きると怖いなと改めて思いました」と話していました。