生きた細胞で作った“皮膚”でロボットの表面覆う技術 東京大

生きた皮膚の細胞を、ロボットの表面を覆う素材として応用することに成功したと東京大学が発表し、生体材料を組み合わせた「バイオハイブリッドロボット」と呼ばれる、未来のロボット技術として話題になっています。

ロボットに応用したのは、皮膚と同じように生きた細胞で作った「培養皮膚」で表面を覆う技術です。

東京大学の竹内昌治教授などの研究グループによりますと、2種類のヒトの皮膚の細胞を、指の形をしたロボットとともに、専用の機器の中で培養することで、厚さ1.5ミリほどの「培養皮膚」でロボットの表面を覆いました。

この「培養皮膚」は、水をはじくほか、関節部分を繰り返し動かしても破れにくいとしています。

また、傷ができても修復できる能力があり、破れた部分にコラーゲンのシートを貼って、培養液の中に7日間ほど入れておくと、細胞が増殖するなどして修復されることも確認できたということです。

「培養皮膚」は、培養液から出た状態では長時間は維持できないということで、今後、さらに改良を重ねたいとしています。

ロボット工学の分野では、生体材料を組み合わせて、これまでにない機能を持たせる「バイオハイブリッドロボット」と呼ばれる技術の開発が進められていて、今回の成果は、未来のロボット技術として話題になっています。
竹内教授は、倫理的な課題などをクリアしながら進めたいとしていて「生命がもつ高い機能を、ロボットに応用できないか探っていきたい」と話していました。